台風11号 沖縄本島 西の海上北上 あさって西日本接近のおそれ

大型で非常に強い台風11号は、沖縄本島の西の海上を北上していて、沖縄県内は暴風域を抜けたものとみられます。県内ではところによって強い雨が降っているほか、沖縄本島北部の一部には土砂災害警戒情報が出ていて土砂災害への厳重な警戒が必要です。

一方、台風11号は6日にかけて九州北部など西日本に接近して大雨のほか、猛烈な風やしけとなるおそれもあり、早めの備えをするようにしてください。

台風11号 6日に九州接近のおそれ

気象庁によりますと大型で非常に強い台風11号は、4日午後6時には久米島の西北西およそ260キロの海上を1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいて県内は暴風域を抜けたものとみられます。

中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の南東側240キロ以内と北西側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

このあと台風11号はやや発達しながら東シナ海を北上し、しだいに進路を東寄りに変えて、6日には九州に接近するおそれがあります。

前線や台風からの湿った空気の影響で、九州に加えて台風から離れた地域でも大気の不安定な状態が続く見込みで、局地的に非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

沖縄 各地で強い風

各地で強い風が吹いていて
▽渡嘉敷島に午後3時16分に33.4メートル、
▽久米島空港で午後4時51分に32.9メートル、
▽那覇市で午後4時57分に29.5メートルの
最大瞬間風速を観測しました。

4日予想されている▽最大風速は
▼久米島で25メートル、
▼沖縄本島中南部で23メートル、
▼沖縄本島北部で20メートル、
▽最大瞬間風速は
▼久米島と沖縄本島中南部で35メートル、
▼沖縄本島北部で30メートルです。

また、5日予想される沖縄本島地方の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルです。

また、海上は5日にかけて猛烈にしける見込みで、4日予想される波の高さは▼久米島で9メートル、▼沖縄本島地方で8メートルです。

5日も▼久米島で9メートル、▼沖縄本島地方で8メートルと予想されています。

非常に激しい雨も

また、雨も強い状態が続いていて、
▼午後2時40分までの1時間に宮古島市城辺で57.5ミリ、
▼午後3時30分までの1時間に国頭村比地で52ミリの
非常に激しい雨が降り、いまも、ところによっては強い雨が降っています。

沖縄本島地方では、4日は多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。

5日午後6時までの24時間に降る雨の量は多いところで▼沖縄本島地方で150ミリと予想されています。

土砂災害に厳重警戒

さらに沖縄本島北部の国頭村、大宜味村には土砂災害警戒情報が出されていて、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

気象台は
▽沖縄本島北部では土砂災害に厳重に警戒するほか、
▽沖縄本島地方では土砂災害や低い土地の浸水、
▽久米島では暴風などに警戒するよう呼びかけています。

沖縄県 強風にあおられて4人けが

台風11号の影響で、沖縄県によりますと、県内では4人が強風にあおられて転倒し、1人が重傷、3人が軽傷を負ったということです。

消防などによりますとこのうち那覇市久茂地では4日午後4時すぎ89歳の女性が強風にあおられて転倒し、頭から出血する大けがをして、意識がもうろうとした状態で病院に運ばれたということです。

那覇市 ブロックが飛ばされ車の窓ガラス割れる

4日午後3時すぎ、那覇市壺川3丁目の那覇中央郵便局の駐車場に車をとめていた人から、「車の後部座席の窓ガラスが割れている」と警察に通報がありました。

警察官が確認したところ、郵便局の建物の外壁のブロックが風に飛ばされ、建物のすぐ側にある駐車場に止まっていた軽自動車の後部座席の窓ガラスが割れているのが確認されました。

警察によりますと当時、車内に人はおらずけが人はいなかったということです。

那覇市 外壁の板が道路に落下

4日午後3時20分すぎ、「那覇市泊1丁目にある立体駐車場の外壁がはがれ落ちている」と消防に通報がありました。

那覇市の立体駐車場では、外壁の板が6枚ほど道路に落下し、建物の骨組みがあらわになっていました。

また、風に揺られて、はがれ落ちそうになっている板もありました。

現場に駆けつけた消防隊員は駐車場の内部に入って、はがれ落ちそうな板を取り外す作業を行っていました。消防によりますとけが人はいないということです。

強風で女性が転倒 軽いけが

沖縄県によりますと4日午前11時半すぎ、那覇市識名の路上で、60代の女性が強風にあおられて転倒し、頭やひじを打つ軽いけがをしたということです。

石垣市で農業用ハウス倒壊

沖縄県石垣市登野城では台風11号による強風でマンゴーを栽培する農業用ハウスが倒壊しました。農業用ハウスは大きくうねるように形が変わっていて一部は骨組みがむき出しになっていました。

所有するマンゴー農家によりますとハウスはことし5月に建てたばかりで、室内にあった複数のマンゴーの木に被害が出ているということです。マンゴー農家の男性は「来年の収穫を楽しみにしていたのにこんなことになってしまい大変残念だ」と話していました。