塩分控えめ「かるしおサミット」開催 大阪 吹田

健康のために塩分を控えめにした食品の開発を進める企業がそれぞれの商品を紹介する「第1回かるしおサミット」と題した催しが、大阪 吹田市で開かれました。

この催しは、塩分を控えめにした食品の開発を促そうと、大阪 吹田市にある国立循環器病研究センターが開きました。

国立循環器病研究センターは、脳卒中などの循環器病の予防として「塩をかるく使っておいしさを引き出す」をコンセプトに「かるしお」という減塩方法を推奨していて、およそ100種類の食品に対して「かるしお認定」をしています。

会場には、認定を受けた漬物やしょうゆ、レトルト食品などが展示され、参加した企業20社の担当者がそれぞれの食品の特徴などを紹介していました。

このうち、砕いたピーナツを餅米に練り込んであげたお菓子を出品した大阪市のメーカーの担当者は「お菓子で健康に貢献できないかと思い、減塩をテーマに商品開発をしました。高齢化が進む中、お菓子を食べながらも健康を意識してほしいです」と話していました。

国立循環器病研究センターでこの取り組みを担当する佐藤薫さんは「循環器病の疾患を持っている方をはじめ、予防をしたい方や子育て世代の親御さんなど幅広い世代の人にかるしお商品を活用いただきたいです」と話していました。