きょうは「防災の日」 南海トラフ巨大地震を想定し訓練

9月1日は「防災の日」です。ことしの政府の総合防災訓練は南海トラフの巨大地震を想定して行われ、広域にわたり激しい揺れや津波で被害が出ている中での国の初動対応や連携について確認しました。
また今回、初めてさらなる巨大地震の発生への備えを呼びかける手順についても確認しました。

訓練では、総理大臣官邸に閣僚が集まって「緊急災害対策本部」を設置し、被害状況の把握や対応の方針などについて検討しました。

また、大きな被害が想定される愛知県とテレビ会議を行って被害の状況を共有し、必要な支援など対応を確認しました。

午前9時からは岸田総理大臣が訓練のための記者会見を開き政府の対応状況の説明したほか、国民に安全な場所に避難し落ち着いて行動するよう呼びかけました。

今回の訓練では気象庁からさらなる巨大地震に警戒を呼びかける「南海トラフ地震臨時情報」が発表され、岸田総理大臣は会見の中で「関東から九州の太平洋側に住む人は家具の固定など地震への備えを再確認するのに加え、今後1週間は揺れを感じたら直ちに避難できるよう準備し、津波が到達するまでの避難が困難な人は自治体の情報に従って安全な場所に避難してください」と呼びかけました。

南海トラフ巨大地震とは

南海トラフの巨大地震とは、静岡県の駿河湾から九州の日向灘にかけてのプレート境界で発生する巨大地震です。

政府の地震調査委員会は、マグニチュード8から9の巨大地震が今後30年以内に「70%から80%」の確率で発生すると予測しています。

およそ100年から200年の周期でマグニチュード8クラスの巨大地震が繰り返し発生していて、10年前に発表された被害想定では最大クラスの地震が起きれば東日本と西日本の広い範囲が激しい揺れに襲われ、沿岸部では最大で30メートルを超える巨大な津波が押し寄せるとしています。

また、3年前に発表された最新の推計では死者は23万1000人、全焼・焼失する建物は209万棟余り達するとしています。