科学・文化

JAXA 新型ロケット「H3」初号機の打ち上げ 今年度中を目指す

日本の新たな主力ロケット「H3」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、メインエンジンの開発の見通しが立ったとして、今年度中の初号機打ち上げを目指すと発表しました。
「H3」は、現在の主力ロケット「H2A」の後継機として開発中で、初号機の打ち上げは当初、2020年度の計画でしたが、メインエンジンの不具合が原因で、これまでに2度、延期していました。
JAXAは、1日に会見を開き、メインエンジンの開発の見通しが立ったなどとして、初号機の打ち上げについて今年度中を目指すと発表。

メインエンジンに燃料を送り込む「ターボポンプ」で想定と異なる振動が確認されたため、耐性を高める設計に見直したうえで、エンジンに負荷をかける燃焼試験を繰り返し、正常な動作が確認できたとしています。

今月上旬からは初号機に実際に搭載するエンジンで燃焼試験を行う計画で、開発責任者である岡田匡史プロジェクトマネージャは「ようやくスタートラインに立った気分だ。険しい道のりは続き、ここからが本当の勝負だと思って臨みたい」と話していました。
新型ロケット「H3」は、全長63メートル、宇宙に運べる荷物の重さが「H2A」のおよそ1.3倍になる設計です。

アメリカが進める人類を月に降り立たせる「アルテミス計画」にも使われるほか、激化するロケットの打ち上げビジネスで、海外に対抗できるよう、打ち上げコストの半減を目指しています。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。