政治

旧統一教会と自民議員の関係 岸田首相が陳謝も沈静化見通せず

旧統一教会との関係をめぐり、岸田総理大臣は閣僚などを含め、自民党議員が懸念や疑念を持たれていることを陳謝し、党として厳正に対応する考えを強調しました。
これに対し、野党側は自民党の対応は不十分だとして追及を続ける構えで、事態が沈静化するかは見通せない状況です。
旧統一教会との関係をめぐり岸田総理大臣は31日、閣僚などを含め、自民党議員が懸念や疑念を持たれていることを陳謝し「党として説明責任を果たし、国民の信頼を回復できるよう厳正な対応をとっていく」と述べました。

これを受け、自民党は、党所属の国会議員にこれまでの教会側との関係を報告させ、結果を公表することに加え、今後、関連団体を含め、教会側と一切関係を持たないとする方針を決定しました。

茂木幹事長は「非常に重い決定であり、仮に守ることができない議員がいた場合は、同じ党で活動できない」と述べました。

これに対し野党側は、立憲民主党の泉代表が「旧統一教会から応援された数多くの自治体議員がいるはずなのに、調査対象から外しているのは大きな問題だ」と批判するなど自民党の対応は不十分だとして、追及を続ける構えです。

また、与党内からも「党としての対応が遅すぎて、これで収まるかどうかわからない」といった見方が出ていて、事態が沈静化するかは見通せない状況です。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。