貨物列車専用「新金線」旅客化目指し初会合 東京 葛飾区

東京 葛飾区を南北に走る貨物列車専用の「新金線」の「旅客化」を図り、地域の利便性を向上させようと、葛飾区や鉄道事業者などによる会議の初会合が開かれました。

葛飾区は、JR常磐線や総武線など区内を東西に結ぶ鉄道は整備されている一方で、南北を結ぶ公共交通機関はバスに限られています。

このため、区では利便性を向上させようと、新小岩と金町を南北に結ぶJRの貨物列車専用の路線「新金線」に、客を乗せた電車を走らせる「旅客化」を目指してきました。

31日は、JR貨物や国土交通省、東京都など関係者が集まって初めての会議が開かれ、葛飾区の青木克徳区長が「新金線の旅客化は長年の悲願とも言えるので、早期の実現に向けて取り組みたい」とあいさつしました。

会議は冒頭を除き非公開で行われ、区によりますと、会議では、運行方法や費用面、それに駅や車両基地といった施設整備などについて検討を進めていくことを確認したということです。

葛飾区は、2030年には一部区間の旅客化を実現したいとしています。

「新金線」旅客化とは

「新金線」は、葛飾区の新小岩と金町の間を結ぶおよそ7キロのJRの貨物専用の路線です。

区によりますと、葛飾区を南北に結ぶこの路線は、大正15年に建設され、東京の臨海部と千葉方面の間の物資輸送で重要な役割を担ってきたということです。

しかし鉄道網の発展に伴って、別のルートを経由する貨物列車が多くなったため、運行本数が大幅に減少し、現在は一日数本程度しか走っていないということです。

区ではこの路線を生かし、地域住民の利便性の向上を図ろうと、5年前から「新金線」の旅客化に向けて、運行方法や採算性、周辺の交通影響などについて調査を行い、本格的な検討を進めてきました。

これまでの区の検討では、第三セクターが施設の管理や運行を担い、駅数は7か10、運行本数は、ピーク時1時間当たり6本などとする案が示されていました。

そして、区は、事業化に向けてさらなる検討を進めるため、JRや国、東京都などとの間で話し合う検討会議を立ち上げ、31日、その初会合が開かれました。

葛飾区民 「新金線」旅客化に期待の声

新金線の旅客化について、葛飾区民からは、公共交通の利便性の向上につながるとして期待する声が聞かれました。

41歳の女性は「旅客化されると、南北の移動の利便性が上がり、区の中央図書館や沿線の病院に行きやすくなるので期待したい」と話し、75歳の女性は「これまでバスしか移動手段がなかった。鉄道になると、バスより定時性が守られると思うので、便利になってよいと思う」と話していました。

また、区内に70年以上住む80歳の男性は「以前から貨物だけが走っているのはもったいないので、新金線を旅客化しようという話はあった。簡単には実現しないとは思うが、旅客化したら喜ぶ人は多いと思う」と話していました。