安倍元首相の「国葬」 参列者は最大6000人程度 会場外に献花台

安倍元総理大臣の「国葬」について、政府は、参列者を三権の長や国会議員、海外の要人、それに地方自治体の代表など、最大6000人程度とし、当日は午前10時から午後4時まで会場の外に一般の献花台を設けることなどを決めました。

9月27日に東京の日本武道館で行う安倍元総理大臣の「国葬」について、政府は31日に総理大臣官邸で、関係府省庁の幹部による「葬儀実行幹事会」を開き実施概要を決定しました。

それによりますと、「国葬」は午後2時に開式し、参列者は衆参両院の議長ら三権の長や国会議員のほか、海外の要人や、地方自治体や各界の代表など、最大で6000人程度としていて、9月はじめから案内状を順次、発送するとしています。

また、「国葬」当日は、午前10時から午後4時までの間、会場の日本武道館の外に一般の献花台を設け、献花用の花は各自で持参してもらうとしています。

一方、幹事会では、葬儀委員長を務める岸田総理大臣の決定に基づき、「国葬」当日、各府省で弔旗の掲揚や、黙とうによる弔意の表明を行うことを確認しました。

幹事会のトップを務める森昌文総理大臣補佐官は「厳粛かつ心のこもった『国葬儀』となるよう、一丸となって鋭意、準備を進めてもらいたい」と求めました。