宮内庁 SNS活用し皇室情報を発信へ 広報体制も整備

宮内庁は、皇室に関する正確な情報を広く伝えるため、担当の幹部職員を置いてSNSなどで積極的に発信していくことを明らかにしました。

宮内庁は30日、来年度予算案の概算要求を発表し、この中で広報体制の整備のため参事官ポストの新設と、広報担当の職員2人の増員を盛り込みました。

すでにある宮内庁のホームページを刷新するほか、初めて、SNSの活用を検討し、皇室に関する正確な情報を積極的に発信していくということです。

皇室をめぐっては、秋篠宮ご夫妻の長女、小室眞子さんの結婚についての週刊誌報道やインターネット上の書き込みが眞子さんの体調に影響を与えたとされています。

宮内庁は「皇室に関する誤った情報も出されていて、宮内庁から正しい情報を積極的に提供する必要があるという声も踏まえた」と説明しています。