“フードデリバリー”配達員向け無料電話相談 30日午後6時まで

料理や弁当を配達するフードデリバリーの人たちの仕事上のトラブルなどについて、弁護士が無料で相談に応じる電話相談が30日に開かれます。

電話相談は、新型コロナウイルスの感染拡大で、料理や弁当を自宅などに届けるサービスが広がる中、配達員からのトラブルの相談が増えているとして、連合などが日本労働弁護団の協力を得て行います。

弁護団によりますと、店側の都合で待たされて届けるのが遅れたのに、責任転嫁されて配達料が支払われなかったとか、配達員として注文を受けるために必要なアカウントを一方的に停止されたなどといった相談が寄せられているということです。

弁護団では「『フードデリバリー』の働き方が広がったのに伴い、さまざまなトラブルが起きている。気軽に相談してほしい」としています。

電話相談は無料で、30日 午後1時から午後6時まで行われます。

電話番号は、0120-255-688です。