サル捕獲の麻酔銃準備中に誤って矢が発射 市民の腕にあたる

29日午後、静岡県富士市のJR富士川駅の近くで、サルを捕獲するために市の職員らが準備していた麻酔銃から誤って矢が発射され、近くにいた人の腕にあたりました。矢があたった人は病院に運ばれたあと意識が戻りましたが、事故から2時間たった時点でも会話ができるまでには回復していないということです。

富士市の発表によりますと、29日午後3時前、JR富士川駅の南側にサルがいるという目撃情報が寄せられました。

市の職員3人と、市から委託を受けた業者1人が現場に駆けつけ、捕獲のために麻酔銃を準備していたところ誤って矢が発射され、目撃情報を伝えに来た市民の左腕にあたったということです。

矢があたった人は意識がない状態で病院に運ばれ、およそ1時間後に目覚めましたが、2時間がたった午後5時の時点でも会話ができるまでには回復していないということです。

市によりますと、麻酔銃の矢には体重15キロのサルに効果がある量の麻酔薬が入っていたということです。

事故当時は、銃の空気漏れを防ぐため銃身にテーピングをしている際にトリガーに触れて暴発したということで、市が事故の原因を詳しく調べています。