手作りのわらじ履き江戸時代の気分で街道を歩く 宮城 七ヶ宿町

江戸時代に多くの旅人や商人が行き交った街道を手作りの「わらじ」を履いて歩く催しが、ことし3年ぶりに宮城県七ヶ宿町で開かれました。

この催しは、七ヶ宿町の歴史や豊かな自然を知ってもらおうと町の観光協会などが主催して毎年行われていましたが、去年、おととしと新型コロナウイルスの影響で中止され、ことしは3年ぶりの開催となりました。

28日は県内外からおよそ450人が参加し、地元のお年寄りが手がけた手作りのわらじを履いて、スタート地点の七ヶ宿町のスキー場からゴールとなる町役場までのおよそ11キロを歩きました。

かつて七ヶ宿町と山形県を結んでいたこの街道は、江戸時代には大名の参勤交代にも使われ多くの旅人や商人が行き交ったとされています。

時折、強い雨が降るあいにくの天気でしたが、参加した人たちは、白い花が一面に咲くそば畑や臨時で設けられた関所を通り、当時の旅人気分を味わいながらゆっくりと歩いてゴールを目指していました。

家族で参加した柴田町の小学5年生の男の子は、「わらじは足が痛いけれど、昔の人の気持ちになってのんびりと歩くのはとても楽しいです。このまま頑張ってゴールまで行きたい」と話していました。