日本維新の会 代表選挙 新代表に馬場伸幸共同代表を選出

3人が立候補した日本維新の会の代表選挙は27日投票が行われ、馬場伸幸・共同代表が新たな代表に選出されました。

松井代表の後任を選ぶ日本維新の会の代表選挙には、足立康史・衆議院議員、馬場伸幸・共同代表、梅村みずほ・参議院議員の3人が立候補して、選挙戦を展開してきました。

代表選挙は、国会議員や地方議員などの「特別党員」586人と、「一般党員」1万9293人がそれぞれ1票を投票して争われる仕組みで、27日午後、大阪市内で開かれた臨時党大会で「特別党員」の投票が行われました。
そして、事前に郵送で投票された「一般党員」の票と合わせて開票された結果、馬場氏が8527票、足立氏が1158票、梅村氏が1140票で、馬場氏が新たな代表に選出されました。

馬場氏は、衆議院大阪17区選出の当選4回で、57歳。

前身の「おおさか維新の会」の時代からおよそ6年間、党の幹事長を務めたあと、去年11月に共同代表に就任し、代表の松井氏を支えてきました。

選挙戦で馬場氏は、大阪で進めてきた行財政改革を全国に広めるとした松井代表の路線の継承を訴え、党運営の刷新を主張した足立、梅村の両氏を抑えました。

新代表に選出された馬場氏は、あいさつで「しっかりと改革を前に進めていき、日本維新の会を自民党と対じできる政党に大きく育てていきたい。松井代表がやってきたことを継承して、新たな飛躍につなげていきたい」と述べました。

馬場新代表「政権には是々非々という姿勢を堅持」

新代表に選出された馬場氏は記者会見で「今の路線を堅持しながら、党勢を拡大させる党運営に挑んでいきたい。政権には是々非々という姿勢を堅持していきたい」と述べました。

そのうえで、党の共同代表に、副代表を務めてきた大阪府の吉村知事を起用するとともに、藤田幹事長らいずれも40代以下の党三役を続投させる考えを示しました。

また、26日に発足した立憲民主党の新たな執行部について「『昔の名前で出ています』という顔ぶれだ。今までの古いやり方を変えていくのであれば政策ごとに連携してもよいと思うが、旧態依然とした永田町の前例や慣例で自民党と向き合っていくのであれば一切協力できない」と述べました。

松井氏「日本の政治に影響力を持てる政党に育ててほしい」

松井氏は、記者会見で「馬場・新代表を支える執行部も若い人たちが育ってきているので、新しい感覚も取り入れながら、政権をとるため、少しずつでも勢力を拡大して、日本の政治に影響力を持てる政党に育てていってほしい」と述べました。