林外相 チュニジア外相と会談 中国念頭 ルール重視開発金融を

アフリカのチュニジアを訪れている林外務大臣は、ジェランディ外相と会談し、中国によるアフリカへの巨額融資を念頭に、国際ルールを重視した開発金融が重要だという考えを伝えました。

林外務大臣は、27日から北アフリカのチュニジアで開かれるTICAD=アフリカ開発会議に岸田総理大臣の特使として出席するため、26日現地に到着し、共同で議長国を務めるチュニジアのジェランディ外相と会談しました。

この中で、林大臣は「TICADを通じて『共に成長するパートナー』として協力を深化させたい」と述べ、会議を成功させ、両国の関係を強化していくことを確認しました。

そして、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻について国際秩序の根幹を揺るがすもので国際社会で協調して対応する必要があるとして、早期解決を図ることが重要だという認識で一致しました。

また、林大臣は、中国によるアフリカへの巨額融資を念頭に「不公正で不透明な貸し付けによってアフリカの持続的で安定した成長が妨げられることがあってはならない」と指摘し、国際ルールを重視した開発金融が重要だという考えを伝えました。

会談のあと両外相は気候変動対策に協力して取り組む協定などに署名しました。