NTT西日本 光回線障害 “関西や東海以外の地域で速度低下も”

NTT西日本は関西や東海などの一部の地域で、光回線を使った固定通信のサービスが、つながりにくくなっていることについて、大阪府や中国・四国、それに九州でも通信速度が低下している場合があると発表しました。

NTT西日本によりますと、25日午前9時前から自社ビルにある設備故障のため、大阪府を除く関西と東海・北陸のそれぞれ一部の地域で通信がつながりにくくなっています。

これについて、NTT西日本は、ほかにも大阪府や中国・四国、それに九州の各県でもインターネットの通信速度が低下している場合があると発表しました。

また、つながりにくくなっているのは、家庭や企業向けのインターネット回線「フレッツ光ネクスト」と「フレッツ光ライト」に加え「フレッツ光クロス」と呼ばれるサービスでも、影響が出ているとしています。

会社は復旧に向けた作業を進めていますが、現時点で復旧の見通しは立っていないということです。

NTT西日本は「利用中のお客様には大変ご迷惑をおかけしていることを深くおわび申し上げます」とコメントしています。