去年中止の「表現の不自由」展 安全対策を強化し始まる 名古屋

去年、会場に届いた不審物の影響で開催期間の途中で中止された「表現の不自由」をテーマにした展示会が、25日から前回と同じ名古屋市内のギャラリーで始まりました。主催団体は入場を事前予約制とするなど、安全対策を強化しているとしています。

展示会は、各地の美術館などで展示を拒否されたり撤去されたりした作品を集めたもので、名古屋市中区の市が所有する「市民ギャラリー栄」で25日から始まりました。

会場には3年前の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、一時展示が中止された慰安婦をモチーフにした少女像や天皇制について表現した絵画などが展示されています。

「表現の不自由」をテーマにした企画展をめぐっては、去年7月、今回と同じ会場で行われた際、ギャラリーの職員が届いた郵便物を開けたところ、破裂音がしたことから開催3日目で中止となりました。

展示会を主催する団体は、今回入場をすべて事前予約制とし、金属探知機を使った手荷物検査も行うほか、会場宛てに届いた郵便物は局留めにするなど、安全に鑑賞してもらえるよう対策を強化しているということです。

一方、会場の周辺では警察車両が止まり、大勢の警察官が警備にあたるなか開催に対する抗議活動が行われていました。

展示会は今月28日まで開かれています。