立民や共産など 安倍元首相の国葬めぐり内閣府からヒアリング

安倍元総理大臣の「国葬」をめぐり、立憲民主党や共産党などは23日、国会内で政府からヒアリングを行いました。

この中では「国葬」が行われているときの国民の黙とうなどに関する質問主意書に対し、政府が「当日の弔意表明の在り方は現在検討している」とする答弁書を決定したことをめぐり、出席議員から国民への弔意の強制につながりかねないという指摘が出されました。

これに対し、内閣府の担当者は「弔意については、国民一人一人に喪に服することを求めるものでないという考え方を前提に精査している。『国葬』の要素の説明が遅れていることは率直に受け止め、作業を急ぎたい」と回答しました。

また「国葬」に必要な経費の詳細を早急に明らかにすべきだという指摘も出され、内閣府の担当者は持ち帰って検討する考えを示しました。