旧統一教会めぐり 公明 山口代表 “岸田政権は対応を明確に”

旧統一教会をめぐり、公明党の山口代表は、岸田政権は国民の不信や疑念を招かないよう、今後の対応を明確にしていく必要があるという認識を示しました。

旧統一教会と、閣僚や自民党幹部らとの関係が相次いで明らかになっていることについて、公明党の山口代表は記者会見で「社会的な問題やトラブルを多数抱える宗教団体との関係は慎重に対応していくべきで、岸田政権として、国民の不信や疑念を招かないように、今後の対応を明確にしていく必要がある」と述べました。

一方、公明党の高木選挙対策委員長らが過去に教会と関係がある雑誌の取材に応じ、記事が掲載されていたことについて「ほかの政党と横並びで、政策課題についてインタビューを受けたもので、それ自体が許されないこととは必ずしも考えていないが、今後は慎重を期すべきだ」と述べました。