旧統一教会との関係“閣僚らが絶つよう徹底が重要” 岸田首相

旧統一教会との関係をめぐって、岸田総理大臣は22日夜、政府が疑念を持たれないよう、閣僚らが関係を絶つよう徹底していくことが重要だという認識を示しました。

岸田総理大臣は、新型コロナに感染したため、22日夜、オンラインで取材に応じました。

この中で、旧統一教会と閣僚らとの関係が明らかになっていることについて「一人一人の事情はさまざまなので、それぞれの責任で明らかにし、説明することが基本だ」と述べました。

そのうえで「政府が疑念を持たれることがないよう、過去の説明をしっかりしたうえで、これから、こうした団体との関係は絶っていただくよう徹底していくことが重要だ」と述べました。

また、人事をやり直す考えはないかと問われ「経歴、あるいは能力、さまざまな点を考慮して人選を行った」と述べました。

一方、いわゆる霊感商法などによる被害者の救済については「困っている方に対し、しっかりとした相談体制や救済体制を用意していくことが重要だ。有識者の意見も聞きながら、政府の対応を考えていきたい」と述べ、さらなる対応の強化を図っていく考えを示しました。