渋谷 母娘殺人未遂 逮捕の中学生「人が本当に死ぬか試した」

20日、東京・渋谷区の路上で親子2人が刃物で襲われ大けがをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された女子中学生が、調べに対し「家族を殺そうと思い、その前に人が本当に死ぬのか試したかった」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。
一方、家庭内で目立ったトラブルなどは確認されていないということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

20日夜、渋谷区円山町の路上で、53歳の母親と19歳の娘が包丁で切りつけられ、警視庁は埼玉県戸田市に住む中学3年で15歳の女子生徒を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

警視庁によりますと、女子生徒は親子とは面識がないとみられ、現場付近を歩いていた2人を背後から襲い、調べに対し「死刑になりたいと思って、たまたま路上で見つけた親子をナイフで刺した」と供述しているということです。

その後の調べに対し女子生徒が「家族を殺そうと思い、その前に人が本当に死ぬのか試してみたかった」などと供述していることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。

一方で、これまでのところ家庭内で目立ったトラブルなどは確認されていないということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。