東京 渋谷 母娘殺人未遂事件 逮捕の中学生 強い殺意で襲ったか

20日夜、東京・渋谷区の路上で50代の母親と10代の娘が刃物で襲われ大けがをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された女子中学生が、親子を執ように切りつけるなどしたとみられることが分かりました。
警視庁は、強い殺意を持って襲ったとみて詳しいいきさつを捜査しています。

20日夜、7時半ごろ、渋谷区円山町の路上で、53歳の母親と19歳の娘が包丁で切りつけられ、警視庁は埼玉県戸田市に住む中学3年の15歳の女子生徒を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

これまでの捜査で、親子は現場付近を歩いていたところを突然、背後から襲われて全治3か月ほどの大けがをしたことが分かっていますが、女子生徒が2人の背中や腹のほか、肩や腕などを執ように切りつけたり刺したりしたとみられることが警視庁への取材で分かりました。

また、親子のうち娘は、一部の傷が深さが10センチ以上まで達しているということです。

現場からは、事件に使用した長さ8センチ余りの包丁に加え、ズボンのポケットに入れていた長さ9センチの折りたたみナイフと、長さ7センチ余りの果物ナイフの、合わせて3本の刃物が押収されたということです。

女子生徒は親子と面識はないとみられ、調べに対し「死刑になりたいと思って、たまたま路上で見つけた親子をナイフで刺した」などと供述していて、警視庁は強い殺意を持って襲ったとみて捜査しています。

さらに、捜査関係者によりますと、女子生徒は「20日昼ごろに新宿駅で電車を降りて、歩いて現場まで来た」などと説明しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

近くの飲食店で働く女性 事件の様子を映像で撮影

現場近くの飲食店で働く20代の女性が撮影した映像には、事件直後の様子がとらえられていました。

この中では、容疑者とみられる少女が、路上で複数の人に取り押さえられている様子が確認できます。

少女は白い上着を着てマスクをつけていて、抵抗する様子は見られませんでした。

また、取り押さえた男性が、容疑者から取り上げたとみられる刃物も写っています。

周囲の人たちは「警察」とか「救急車」などと声をあげていて、現場は騒然としていました。

動画を撮影した女性は「最初は、けんかが起きたのかと思い店の外に出ました。娘とみられる女性が背中を切られてたくさん出血していて驚きました。容疑者はマスクをつけ表情はあまり見えませんでしたが、激しく抵抗したり叫んだりすることはなく、取り押さえられながら上の方を向いて『あの子は死亡したのか』などと話していました。近くでこのような事件が起きて怖いです」と話していました。