東京 渋谷 母娘殺人未遂事件 15歳少女 “死刑になりたくて”

20日夜、東京・渋谷区の路上で50代の母親と10代の娘が刃物で背中などを刺され、大けがをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された少女は、埼玉県に住む15歳の中学生と確認されました。
調べに対し「死刑になりたくて、たまたま見つけた親子を刺した」などと供述しているということで、警視庁が詳しいいきさつを捜査しています。

20日夜7時半ごろ、渋谷区円山町の路上で、53歳の母親と19歳の娘が背中や腹、腕などを刃物で刺され、病院に搬送されました。

警視庁によりますと、2人は現場付近を歩いていたところを突然、背後から刺されたとみられ、いずれも全治3か月ほどの大けがをしたということです。

この事件で、その場で取り押さえられ殺人未遂の疑いで逮捕された少女が、埼玉県戸田市に住む15歳の中学3年の女子生徒と確認されたことが警視庁への取材で分かりました。

警視庁によりますと、女子生徒は親子2人と面識はないとみられ、調べに対し「死刑になりたいと思って、たまたま路上で見つけた親子をナイフで刺した」などと供述し、容疑を認めているということです。

女子生徒からは襲撃に使用した包丁に加え、衣服のポケットに入れるなどしていた2本の、合わせて3本の刃物が押収されていて、警視庁が詳しいいきさつを捜査しています。