突然噴き上がった水柱 勢い衰えず生活に影響 北海道 長万部町

北海道の長万部町にある神社の敷地内の林で水柱が噴き上がってから19日で11日がたちました。水の勢いは衰える様子がなく、騒音や、砂のようなものを含んだ水しぶきなどによる生活への影響が出ています。

水柱が上がっているのは長万部町の飯生神社の敷地にある林で、今月8日の夕方ごろ突然噴き上がりました。

水は周りの木々よりも高い30メートルほどの高さまで、ごう音とともに絶えず噴き上がっていて、近くに住む人からは騒音で眠れないという声が出ているほか、砂のようなものが混じった水が風に乗って流れてくるなど影響が出ています。

近くに住む70代の男性は「車が汚れたり、洗濯物が外に干せなかったり、正直迷惑していて、もう止まってほしいです」と話していました。

このほか、水柱を見ようとする人が連日車で訪れていて住宅街に路上駐車をする人が増えていて、道路の見通しが悪くなっています。

町は町内のファミリースポーツセンター、福祉センター、学習文化センターの3か所に合わせて100台ほどの駐車場を用意し、路上駐車をしないよう呼びかけていますが、19日も数十台が現場付近の道路に車を止めていて、対応に苦慮しているということです。

近くに住む80代の男性は「ふだんは交通量が多くない場所ですが、路上駐車をして写真を撮っている人が多く、道幅が狭くなっていて危ない状態です」と話していました。

噴き上がっている水について長万部町は、今月15日に採取し、水質調査会社に成分の調査を依頼したということで、10日ほどで結果が出る見込みだということです。

専門家「火の取り扱いに注意」

長万部町の水柱について、北海道立総合研究機構エネルギー・環境・地質研究所の高橋徹哉専門研究主幹は「噴出しているのは主に可燃性の天然ガスで、それに地層水とか地下水が噴出して水しぶきとなっていると理解している」と話しています。

そのうえで「火がつくと引火してしまうので、たばこやライターなど火の取り扱いに注意してほしい」と指摘しています。

水が噴き上がった要因については「長万部町の地下には昔から天然ガスがあると知られていて、過去に民間業者がガスを利用しようと11本の井戸を掘っている。その井戸は埋め戻されたが、天然ガスがある地下には圧力がかかっている状態で、それが何らかの原因で限界に達して、60年ぶりにガスが一気に噴き出したと考えられる」と話していました。

一方、水柱が止まる見通しについてはわからないということで「噴き上げている水柱の高さが少し低くなれば、先が見通せるかもしれないが、まだ水柱の高さは変わってないように見えるので、いまは噴出状況を見守るしかない状態だ」と話しています。