浜田防衛相 自衛隊の大規模接種会場を視察 接種の検討呼びかけ

新型コロナワクチンをめぐり、浜田防衛大臣は19日、自衛隊による大規模接種会場を視察し、みずからも接種を受けるとともに、今月末までの予約枠に空きがあることを踏まえ、前向きな接種の検討を呼びかけました。

浜田防衛大臣は19日午前、東京 大手町の合同庁舎に設けられた自衛隊の大規模接種会場を視察に訪れ、4回目となるワクチン接種を受けました。

自衛隊は、東京と大阪の2つの会場で3回目と4回目のワクチン接種を行っていて、一日当たりの接種枠は、東京が1000人、大阪が500人となっています。

予約は専用のウェブサイトやLINE、それに電話で受け付けていて、防衛省によりますと、今月20日から28日までの予約枠には、比較的空きがあるということです。

浜田大臣は、記者団に対し「重症化を防ぐためのワクチンなので、ぜひ接種していただきたい」と呼びかけました。

電話での予約は、
▽東京会場が、0120-097-051、
▽大阪会場が、0120-296-567で、
午前8時から午後6時まで受け付けられます。