米空軍輸送機CV22オスプレイ“全機飛行停止” 米複数メディア

アメリカの複数のメディアは、アメリカ空軍が東京の横田基地にも配備している輸送機、CV22オスプレイについて、不具合を理由にすべての機体の飛行を停止したと伝えました。

アメリカの国防専門メディアなどによりますと、アメリカ空軍の特殊作戦司令部は16日、所属している輸送機、CV22オスプレイ52機の機体すべての飛行を停止したということです。

報道によりますと、2つあるエンジンの1つと、ローターをつなぐクラッチが不具合を起こす問題が2017年以降で合わせて4件、過去6週間で2件発生しているとしています。

この問題による死傷者は出ていないということですが、アメリカ空軍は原因がわかり、対策が講じられるまでは地上に待機させるということで、飛行を再開する時期はわかっていません。

アメリカ空軍のCV22オスプレイは、主に特殊部隊の輸送に使われ、東京の横田基地にも配備されていて、国内でも各地で訓練を行っています。