エンジェルス 大谷 二刀流の翌日に3安打

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がマリナーズ戦に指名打者でフル出場し、スリーベースを含むヒット3本を打ちました。

大谷選手は先発登板して6回を2失点に抑えた翌日の16日、本拠地のエンジェルスタジアムで行われたマリナーズ戦に2番・指名打者で先発出場しました。

1回の第1打席は空振りの三振でしたが、1アウト一塁で迎えた3回の第2打席ではインコース低めの変化球を引っ張って4試合連続となるヒットをライト前に打ってチャンスを広げ、エンジェルスは続くレンヒーフォ選手のタイムリーでリードを2点に広げました。

5回の第3打席ではアウトコース低めの変化球を今度は左中間に打ち返して俊足を飛ばしてスリーベースヒットとしましたがここは得点にはつながりませんでした。

7回、2アウト一塁の第4打席では160キロを超える速球に力負けせず、センター前にヒットを打って、ここもチャンスを広げましたが得点にはつながりませんでした。

大谷選手は今月4日以来の1試合3安打をマークして4打数3安打で、打率は2割5分9厘に上がりました。

エンジェルスは序盤に2点をリードしましたが、その後はチャンスをつぶして追加点をあげられずに6回に逆転され、9回には一挙5点を失って2対8で敗れました。