カブス 鈴木誠也 タイムリーヒットと好守備で勝利に貢献

大リーグ、カブスの鈴木誠也選手がナショナルズ戦にフル出場し、タイムリーヒットと好守備で延長戦での勝利に貢献しました。

鈴木選手は16日、相手の本拠地ワシントンで行われたナショナルズ戦に4番・ライトで先発出場し、1回の守りでライトライナーを捕ったあと、素早く一塁に送球して、飛び出していたランナーを刺してダブルプレーを取りました。

バッティングでは、2回の第1打席でライトフライに倒れた後、4回の第2打席でフォアボールを選び、後続のタイムリーツーベースで2点目のホームを踏みました。

6回の第3打席はセンターフライ、8回の第4打席は見逃しの三振で、タイブレーク制の延長11回、1点を勝ち越して、なおノーアウト二塁で迎えた第5打席でセンター前にタイムリーヒットを打ちました。

カブスはそのまま7対5で勝ち、鈴木選手は4打数1安打1打点で、打率は2割4分5厘になりました。