沖縄 尖閣諸島沖合 領海侵入の中国海警局の船 領海を出る

15日から沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海に侵入していた中国海警局の船は日本の漁船が周辺海域から離れたのにあわせるように16日領海を出ました。海上保安本部は再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、15日午前4時20分ごろ、尖閣諸島の大正島の沖合で中国海警局の船2隻が相次いで日本の領海に侵入し、大正島の沖合で漁をしていた日本の漁船を監視するようにとどまっていたということです。

このあと中国海警局の船はおよそ40時間50分にわたり日本の領海内を航行し、日本の漁船が周辺海域から離れたのにあわせるように16日午後9時すぎ、領海から出たということです。

海上保安本部は再び領海に侵入しないよう警告するとともに監視を続けています。