京都の「五山送り火」3年ぶりに通常規模で開催 古都の風物詩

京都の伝統行事、「五山送り火」が、16日夜、3年ぶりに通常の規模で行われました。

「五山送り火」は、毎年8月16日の夜に京都盆地を囲む5つの山々に文字や形を炎で描く伝統行事です。

おととしと去年は、新型コロナの影響で規模を縮小して行われましたが、ことしは3年ぶりに通常の規模で実施されました。

雨が降ったため、点火は10分ほど遅れて午後8時10分ごろから始まり、山々には「大文字(だいもんじ)」、「船形(ふながた)」、「妙法(みょうほう)」、「左(ひだり)大文字」、「鳥居形(とりいがた)」の文字や形が浮かび上がりました。

京都市上京区の西陣織会館では屋上が開放され、訪れた人たちが夜空に浮かぶ古都の風物詩を見守っていました。

沖縄から来た3人の孫とともに訪れた大阪の70代の男性は「天候が心配でしたが、みんなで一緒に見られていい思い出になりました」と話していました。

また、東京から訪れた40代の女性は「初めて見ました。美しくてよかったです」と話していました。