スリランカに中国調査船入港 隣国インド「監視目的」と警戒感

インド洋の島国スリランカの港に、16日、中国の調査船が入港しました。中国は、海洋調査の船だとしていますが、隣国インドではインドの弾道ミサイルなどの監視が目的ではないかという見方も伝えられ、警戒感が出ています。

中国外務省によりますと、中国の調査船「遠望5号」が16日、スリランカ南部のハンバントタ港に入港しました。

船は、海洋調査が目的で、必要な物資の補給が完了するまで、しばらく停泊するとしています。

一方、インドメディアは、この船は、インドの弾道ミサイルや人工衛星などの発射を監視するのが目的だとする見方を伝えていて、インド洋一帯を偵察する可能性があるなどとも報じています。

船が入港したハンバントタ港は、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に基づいて建設が進められたものの、融資の返済が滞ったことを理由に、運営権が99年間にわたって中国側に譲渡されています。

インドでは、この港が、インド洋でのアジアと中東を結ぶシーレーン、海上交通路の要衝に位置することから、今回の調査船の寄港は、中国がこの地域に影響力を強める動きではないかと警戒感が出ています。

中国外務省報道官「国際法に沿って海洋調査活動」

中国の調査船がスリランカの港に入港したことについて、中国外務省の汪文斌報道官は16日の記者会見で、インドで警戒感が出ていることを念頭に「『遠望5号』は国際法と国際的な慣例に沿って海洋調査活動を行っており、いかなる国の安全保障や経済的利益にも影響せず、第三者による干渉を受けるものでもない」と述べました。