中高生に法律の仕事の魅力伝える催し 裁判官や弁護士ら参加

夏休み中の高校生などを対象に現役の裁判官と検察官、それに弁護士が法律に携わる仕事の魅力を伝える催しが開かれました。

最高裁判所と法務省、日弁連=日本弁護士連合会が合同で企画した催しには、全国各地の高校生と中学生およそ200人がオンラインで参加しました。

催しでは、昔話の「舌切りすずめ」を題材にしたNHK Eテレの番組「昔話法廷」が上映され、はじめに裁判官が来年以降、18歳になれば裁判員に選ばれる可能性があることを踏まえ、「裁判員になったつもりで見てください」と呼びかけました。

番組は、舌を切られた仕返しに、すずめがおばあさんを殺害しようとして殺人未遂の罪に問われる内容で、現役の裁判官と検察官、弁護士が裁判のルールや心構えなどを実体験も交えて解説しました。

弁護士は「実際の裁判では、すずめは保釈さえされていないかもしれない。被告が不当な罪や重い刑罰を受けないように、全力を尽くすのがやりがいだ」と述べ、裁判官は「すずめが何をしたのか、タイムマシンがあればわかるが、証拠だけで判断するのは難しい。それでも知恵を出し合い、多くの人が納得できる結論を出すのが魅力だ」と、仕事のおもしろさを紹介していました。

熊本県から参加した高校2年の女子生徒は「実際に話を聞いて、社会や弱い立場の人のために、法律に関わる仕事をしたいと思いました」と話していました。