関東内陸で38度の危険な暑さ 各地で熱帯夜か 熱中症に十分注意

16日は東日本や西日本を中心に気温が上がり、関東の内陸では38度の危険な暑さとなったところがありました。17日の朝にかけても気温が高く、各地で25度を下回らない熱帯夜が予想されていて、引き続き熱中症に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、16日は東日本や西日本の太平洋側中心に高気圧に覆われ、各地で気温が上がりました。

特に関東の内陸では山越えの暖かく乾いた空気が吹き降ろすフェーン現象の影響も加わって気温が上がり栃木県佐野市では最高気温が38.8度と体温を超えるような危険な暑さとなりました。

このほかの日中の最高気温は
▽群馬県館林市で37.9度、
▽埼玉県熊谷市で37.8度、
▽福井県小浜市で37.7度、
▽三重県桑名市で37.4度、
▽兵庫県淡路市で37.2度、
▽宮崎県延岡市で37度ちょうど
▽東京の都心で36.4度などと各地で猛烈な暑さとなりました。

17日の朝にかけても気温が高く、各地で25度を下回らない熱帯夜が予想されています。

17日、日中は東日本と西日本の各地で曇りや雨となって、東京の都心で30度などと猛烈な暑さは一段落する見込みですが、九州を中心に最高気温が35度近くまで上がるところもある見通しです。

▽こまめに水分を補給し、▽室内では冷房を適切に使用するなど引き続き熱中症に十分注意してください。

埼玉 熊谷は37.8度 駅前のミストシャワーに人

日中の最高気温が37.8度と猛烈な暑さとなった埼玉県熊谷市です。

強い日ざしが照りつける中、JR熊谷駅の周辺には日傘をさす人や、冷たい飲み物で暑さをしのぐ人の姿が多く見られたほか、行き交う人たちが駅前に設置されたミストシャワーの下で足を止めていました。

50代の男性は「じとっとする暑さで、風もなくて歩くのがつらいです。こまめに水分をとるなどして熱中症に気をつけたいです」と話していました。

前橋市は37.1度 子どもは水遊び楽しむ

群馬県前橋市では、日中の最高気温が37.1度に達しました。

市内の西片貝町にある公園では、噴水で水遊びをする子どもの姿が多く見られました。

強い日ざしの中、子どもたちは足元から30センチほどふき上がる水を手で触ったり足で踏んだりして楽しそうに遊んでいました。

前橋市の小学4年生の女の子は「暑くていやな気持ちになりますが、噴水で遊んで気持ちよくなりました」と話していました。

暑さでニワトリが産む卵が2~3割減…飼料高騰で二重苦も

厳しい暑さが続くなか、ニワトリの卵の生産量が全国で最も多い茨城県の養鶏場では、ニワトリが弱って産む卵の数が減るなどの影響が出ています。
ロシアによるウクライナ侵攻や円安によるエサ代などの高騰も加わり、養鶏場の代表は「二重苦だ」と話しています。

茨城県常陸大宮市にある「石黒たまご園」では、1500羽のニワトリを飼育しています。

連日続く暑さ対策として、栄養価の高いエサを与えて体力をつけさせたり、水飲み場に常に冷たい水があるようにしたりといった工夫をしていますが、暑さが本格化する前と比べると産む卵の数が2割から3割減ったということです。
さらに卵の重さも2グラムから3グラムほど減って、SサイズやMサイズの小ぶりのものが多くなっているということです。

このため販売先に対して注文を減らしてもらったり、サイズが小さくなることについて了承を得たりしているということです。

この養鶏場では、ロシアによるウクライナ侵攻や円安によるエサ代などの高騰が打撃となり、ことし6月に卵の価格を値上げしましたが、そこに暑さが加わって生産量が減ることで、売り上げの減少を懸念しているということです。

代表の石黒昌太さんは「ニワトリは暑さに弱く、暑さでエサを食べられなくなり、卵をなかなか産めなくなってしまいます。なるべく値上げはしたくありませんが、エサや資材が毎月のように値上がりしていることに加え、この暑さで経営は二重苦の状態で頭が痛いです」と話していました。