中国 台湾周辺含む東シナ海などで漁解禁 多くの漁船一斉に出港

台湾海峡の緊張が高まる中、中国政府が、台湾周辺を含む東シナ海などで独自に設けてきた禁漁期間が、16日終わり、台湾の対岸にある福建省の港でも多くの漁船が一斉に出港しました。

中国政府は、漁業資源の保護を名目に、台湾周辺や沖縄県の尖閣諸島周辺を含む東シナ海などで、5月から独自に禁漁期間を設けていて、日本時間の16日午後1時に解禁されました。

このうち、台湾の対岸に位置する福建省泉州にある港では、漁の解禁を祝う爆竹などを鳴らしながら、およそ200隻の漁船が、中国の海洋当局の船に先導され、次々に出港していました。

地元の漁業当局は、漁の解禁を前に、例年通り、「政治的に敏感な海域での操業を禁止する」と書かれた通知を港に張り出し、尖閣諸島周辺などでの漁を控えるよう指示しているとみられます。

さらに、漁業当局は、今月初めには、漁業関係者に対し、台湾近海に近づかないよう重ねて呼びかける通知も出しました。

アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問に反発して、中国軍が、台湾周辺で軍事演習を活発化させるなど、台湾海峡の緊張が高まっていることを受けて、漁船によるトラブルで緊張が一層高まる事態を避けたいものとみられます。

地元の漁業関係者は、「ここ数年は決まりもあって敏感な海域には行かない。ことしは軍事演習があるかもしれないので演習の海域も避ければならない」と話していました。