茨城 守谷の倉庫火災 ほぼ消し止められる 通報から2日以上経過

14日に火が出て消火活動が続けらている茨城県守谷市の大型倉庫の火事は、2日以上たった16日午前9時にほぼ消し止められました。

14日午前2時半ごろ、守谷市百合ケ丘1丁目の物流業者、「アズマロジスティクス」の倉庫から火が出ていると、配送業者から消防に通報がありました。

倉庫にはゴム手袋やマスクなどが保管されていて、消火活動が続いていますが、消防によりますと通報から2日以上、55時間ほどたった16日午前9時に火の勢いは弱まり、ほぼ消し止められたということです。

ただ現場ではまだ火がくすぶっているところがあるため、放水が続けられていて、16日午後5時の時点で火が完全に消える鎮火のめどはたっていないということです。

警察によりますと今回の火事によるけが人はおらず、周囲への延焼もないということです。