関東内陸で危険な暑さ 熱中症に厳重警戒を

16日は東日本や西日本を中心に気温が上がっていて、関東の内陸では38度の危険な暑さとなっているところがあります。
熱中症に厳重に警戒してください。

気象庁によりますと、16日は東日本や西日本の太平洋側中心に高気圧に覆われ、各地で気温が上がっています。
特に関東の内陸では山越えの暖かく乾いた空気が吹き降ろすフェーン現象の影響も加わって気温が上がり、栃木県佐野市では午後2時までの最高気温が38度ちょうどと体温を超えるような危険な暑さとなっています。

このほかの午後2時までの最高気温は
▽福井県小浜市で37.7度、
▽埼玉県熊谷市で37.6度、
▽群馬県館林市と兵庫県淡路市で37.2度、
▽宮崎県延岡市で37度ちょうど、
▽三重県尾鷲市で36.7度、
▽東京の都心で36.4度などと
各地で猛烈な暑さとなっています。
熱中症に厳重に警戒し、午後も
▽外出をなるべく避け、特別な場合以外は運動を行わないほか、
▽我慢せずに適切にエアコンを使用する、
▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、よりいっそうの対策を心がけてください。