広島 神石高原町 ヘリコプター墜落事故 死亡は操縦士の男性

15日、愛媛県を離陸したヘリコプターが広島県の山中で墜落した事故で、警察は、死亡したのはヘリコプターを操縦していた静岡県の66歳の男性であることを明らかにしました。

警察によりますと、15日、愛媛県上島町の弓削豊島を離陸したヘリコプターが、広島県神石高原町の山中で墜落した状態で発見されました。

ヘリコプターの近くで男性1人が見つかり、その後、死亡が確認されましたが警察は、死亡したのはこのヘリコプターを操縦していた静岡県磐田市の※ツチ田勳さん(66)だと明らかにしました。

神石高原町に本部があるNPO法人の「ピースウィンズ・ジャパン」によりますと、ヘリコプターは、この団体が土田さんが所属する会社に運航を委託していたということです。

「ピースウィンズ・ジャパン」は「数々の緊急支援に従事していただいた信頼できる仲間で、大変残念に、また、申し訳なく思います。心からご冥福をお祈りします」などとコメントしています。

この事故では国の運輸安全委員会の航空事故調査官が16日午後に現地に入り、事故原因の調査を始めました。

※▼ツチは、「土」に「玉」と同じ位置に「、」

運輸安全委 航空事故調査官「原因調査にはかなりの期間」

運輸安全委員会の奥山克也 航空事故調査官は「調査はかなりの期間を要する。機体の損傷の状態や目撃者の情報などを加味しながら、分析をして原因を探求する」と述べました。

そのうえで、ヘリコプターは杉林の中の細い川の上に落ちたことや、操縦席はつぶれ、途中で機体がねじれて分離している状態であることを明らかにしました。

また、17日の午前中から調査を再開する予定だと明らかにしました。