北海道 国道274号線 日勝峠で土砂崩れ 車両約20台が一時立往生

北海道開発局室蘭開発建設部によりますと、16日午前、清水町と日高町を結ぶ国道274号線の日勝峠で土砂崩れが発生しました。

走行車線は土砂で塞がれ、通りかかったトレーラーなどの大型車ばかり、およそ20台が一時、立往生しました。

その後、開発建設部の職員が誘導にあたって、現場でUターンさせ、故障して動けなくなった1台を除いて、すべての車が午後1時までに自力で引き返したということです。

土砂に埋まるなどした車はなく、けがをした人もいませんでした。

現場付近の区間は、今も通行止めが続いています。

斜面が崩れ 走行車線に大量の土砂が

こちらの画像は、16日午前8時半ごろ、北海道日高町の日勝峠で撮影されたものです。

国道脇の斜面が崩れ、走行車線に大量の土砂が流れ込んでいるのが分かります。

道路は一面、茶色く濁った水につかり、センターラインなどは見えなくなっています。

また、現場の先のほうには、行く手を塞がれて停車したトラックのような車両が写っています。

この車を先頭に、およそ20台が一時、立往生したということです。