将棋 里見女流五冠 女性初「棋王戦」挑戦権かけ対局も初戦敗退

将棋の八大タイトル「棋王戦」の挑戦権がかかる本戦トーナメントに、里見香奈女流五冠(30)が、女性として初めて出場しましたが、白星をあげることはできず、初戦で敗退しました。

今回のトーナメントは八大タイトルの1つ、「棋王戦」の挑戦権がかかる対局で、里見女流五冠は、女性の棋士として初出場を果たしました。

対局は、大阪の関西将棋会館で、午前10時に始まり、先手の里見女流五冠は、阿久津主税八段(40)に対し、飛車を中央に据える「中飛車」の戦法で臨みました。

序盤から中盤にかけて、ゆっくりとしたペースで進む中、阿久津八段が徐々に攻勢を強め、里見女流五冠がしのぐ展開となりました。

終盤、里見女流五冠が、先に持ち時間をほぼ使い切り、1手を60秒未満で指す「1分将棋」に突入。

最後まで粘りを見せましたが、午後8時13分、142手までで投了。

初戦で敗退しました。

里見女流五冠は、今月18日、大阪の関西将棋会館で、女性初のプロ棋士を目指して、日本将棋連盟の「編入試験」に臨み、徳田拳士四段(24)と対局します。

里見女流五冠「ちょっと焦りすぎた 実力不足かなと思う」

対局後、里見女流五冠は「状況がよくなった局面もあったと思ったが、そこでちょっと焦りすぎたというか、もう少しゆっくり指すつもりだった。実力不足かなと思う。自分の力は出し切れたが、課題も見つかったので、修正できるよう頑張りたい。持ち時間も長く、強い相手とたくさん指せて貴重な経験だったので、今後に生かしたい」と話していました。