内閣府 国交省の統計データ不正処理 GDPへの影響を公表

内閣府は、過去のGDP=国内総生産の伸び率を改定したのに伴い、国土交通省が国の基幹統計のデータを不正に処理していた影響が、どの程度あったのかを明らかにしました。2018年度から2021年度までの名目GDPを本来より最大0.1ポイント引き下げていたということです。

内閣府は15日に公表したGDPのデータにあわせて、国土交通省が国の基幹統計である「建設工事受注動態統計」を不正に処理していた影響が、どの程度あったのかを試算として示しました。

それによりますと、名目のGDPは、2018年度と2019年度がそれぞれ0.1ポイント未満、2020年度と2021年度はそれぞれ0.1ポイント、本来より伸び率を引き下げていたということです。

このため、内閣府は過去にさかのぼってGDPのデータを修正しました。

データの不正な処理によって、GDPの数値に影響が出たことについて、斉藤国土交通大臣は、15日の閣議のあとの記者会見で「国民の皆様にご迷惑をおかけしたことを改めて深くおわび申し上げる。政府全体と、よく連携を取りながら、統計改革を進めていきたい」と述べました。