【気象予報士解説】東・西日本各地で雨雲発達 日中も警戒を

台風8号は、静岡県、関東を通過して東北の東の海上へ離れています。このあともどんどん離れていきますが、あちこちで雨雲が発達しています。

和歌山県では記録的短時間大雨情報が出たほか、新潟県内も非常に激しい雨を観測しています。静岡県、伊豆半島付近から伊豆諸島にも活発な雨雲があって、14日は日中にかけても雨の降り方に注意、警戒が必要です。

今後の雨の予想や警戒点について、檜山靖洋気象予報士の解説です。

(動画は1分4秒です。データ放送ではご覧になれません)。