プロ野球 4試合の結果 台風影響で2試合が中止

プロ野球は、台風の影響でロッテ 対 日本ハムと、ヤクルト 対 DeNAが中止となり、4試合が行われました。
パ・リーグは首位の西武、2位のソフトバンクがともに勝ちました。

パ・リーグ

パ・リーグです。

▽ソフトバンク 対 オリックス
ソフトバンクが5対4でサヨナラ勝ちしました。

▼勝ち:モイネロ投手 1勝1敗17セーブ
▼負け:宇田川投手 1敗
▼ホームラン:ソフトバンク・周東選手 5号

ソフトバンクは4対4の9回、1アウトから周東選手が5号ソロを打って試合を決めました。
9回を抑えたモイネロ投手が今シーズン初勝利です。

オリックスは8回に3点差を追いつきましたが、9回は2年目の宇田川投手が打たれました。

▽楽天 対 西武
西武が6対4で勝ちました。

▼勝ち:與座投手 9勝3敗
▼セーブ:スミス投手 1勝1セーブ
▼負け:田中将大投手 6勝9敗
▼ホームラン:西武・外崎選手 8号
楽天・渡邊佳明選手 1号

西武は0対1の4回、オグレディ選手の2点タイムリーと外崎選手の8号3ランで一挙5点を奪って逆転し、9回にはスクイズで1点を加えました。

先発の與座投手は6回3失点で9勝目。

西武は今シーズン最多のヒット16本を打って勝ち、2年ぶりに楽天戦の勝ち越しを決めました。

楽天は先発の田中将大投手が6回5失点で9敗目を喫し、チームは3連敗で最大18あった勝ち越しがなくなりました。

セ・リーグ

セ・リーグです。

▽阪神 対 中日
中日が2対0で勝ちました。

▼勝ち:小笠原投手 6勝6敗
▼セーブ:ライデル・マルティネス投手 2勝3敗25セーブ
▼負け:藤浪投手 2敗

中日は6回、岡林選手のスクイズで先制し、8回に岡林選手の内野ゴロが相手のフィルダースチョイスを誘い1点を追加しました。

先発の小笠原投手は7回をヒット4本、11個の三振を奪い、無失点の好投で6勝目を挙げました。

阪神は先発の藤浪投手が7回を投げ、10個の三振を奪って1失点と力投しましたが、打線の援護がなく、チームは2試合連続の完封負けで5連敗となりました。

▽巨人 対 広島
巨人が4対1で勝ちました。

▼勝ち:直江投手 1勝1敗
▼負け:遠藤投手 3勝6敗
▼ホームラン:巨人・ポランコ選手 18号、大城選手 11号
広島・坂倉選手 9号

巨人は1回に重信選手のタイムリー2ベースと中田選手のタイムリーで2点を先制し、4回はポランコ選手の18号ソロと大城選手の11号ソロでリードを広げました。

先発の直江投手は6回をヒット3本、無失点と好投し、4年目でプロ初勝利を挙げました。

広島は打線がつながりを欠き、連勝が4で止まりました。

巨人 原監督「中田がいい形でつないでいる」

巨人の原辰徳監督は11日から4番に起用し、13日2安打1打点の中田翔選手について「4番がいい形でつないでくれている」と評価しました。

そして、6回無失点の好投でプロ初勝利を挙げた直江大輔投手については「もう1回くらい投げられたと思うが、まめができたらしい。きょうはフォームがよかったんでしょう。いずれにしても力をつけてきているのは事実だ」とたたえていました。