『悪魔の詩』の作家 ラシュディ氏 米の講演会場で男に刺される

1988年に発表された小説『悪魔の詩』でイスラム教を冒とくしたとして反発を招いたイギリスの作家、サルマン・ラシュディ氏が12日アメリカ・ニューヨーク州の講演会場で男に刺されました。ラシュディ氏は首や腹などを刺され、アメリカのメディアは片目を失明するおそれがあると伝えていて、警察が事件のいきさつを調べています。

地元の警察によりますと12日午前、アメリカ・ニューヨーク州西部にある教育施設で、インド出身のイギリスの作家、サルマン・ラシュディ氏が講演のため、ステージの上にいたところ、駆け上がってきた男に突然、刺されたということです。

ラシュディ氏は首や腹などを刺され、病院で手術を受けているということで、アメリカのメディアは代理人からの情報として、ラシュディ氏は人工呼吸器をつけていて、片目を失明するおそれがあると伝えています。

警察はラシュディ氏を刺した20代の男をその場で取り押さえ、事件のいきさつを調べています。

ラシュディ氏をめぐっては、1988年に発表した小説『悪魔の詩』がイスラム教を冒とくしているとして、当時のイランの最高指導者だったホメイニ師が死刑を宣告する宗教令を出すなどイスラム諸国の反発を招き、各国で出版に関わった人が襲撃される事件が相次ぎました。

日本でも1991年、『悪魔の詩』を日本語に翻訳した筑波大学の五十嵐一さんが何者かに殺害される事件が起きましたが、2006年に時効になっています。

各国からラシュディ氏の無事や回復を祈る声

イギリスの作家、サルマン・ラシュディ氏が、講演会場で男に刺されたことについて、イギリスのジョンソン首相は、ツイッターに「われわれが守るべき権利を行使している最中に彼が刺されたことに、がく然としている。私たちは皆、彼が無事であることを祈っている」と投稿しました。

また、アメリカ・ホワイトハウスで安全保障政策を担当するサリバン大統領補佐官は声明を発表し、「ラシュディ氏への暴力行為は恐ろしいものだ。バイデン政権の全員が、彼が早く回復するよう祈っている」としています。

さらに、フランスのマクロン大統領はツイッターで「彼は憎悪と野蛮な勢力による卑劣な攻撃の犠牲者になってしまった。彼の闘いはわれわれの闘いであり、普遍的なものだ」と投稿しました。