東北北部で記録的な大雨 災害の危険性高い状態 引き続き警戒を

前線の影響で記録的な大雨となっている東北北部では、これまでの雨で災害の危険性が高い状態が続いていて、引き続き警戒が必要です。

気象庁によりますと、東北北部は前線などの影響で13日にかけて各地で記録的な大雨となり、川の氾濫による浸水などの被害が相次ぎました。

秋田県では今月8日の降り始めから13日午後10時までの雨量が
▽鹿角市で384ミリ、
▽大館市で341ミリなどと、
平年の8月1か月分の1.5倍から2倍に達している地域があります。

岩手県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。

さらに今月、大雨となっている秋田県や青森県でも地盤が緩むなど災害の危険性が高い状態が続いています。

岩手県や秋田県などで非常に激しい雨のおそれ

今後の見通しです。

東北では14日にかけて局地的に1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。

14日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東北太平洋側で100ミリ、
▽東北日本海側で80ミリと予想されています。

すでに記録的な大雨となっている東北北部では、いったん雨が弱まっていますが、今後、わずかな雨で土砂災害などが発生する可能性もあります。

気象庁は引き続き土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

前線の活動は14日、いったん弱まるものの、15日以降、新たな前線が北日本付近にのび、再び大雨のおそれがあります。

片づけや復旧活動にあたる方は最新の気象情報を確認するようにしてください。