「いきなり!ステーキ」一瀬社長が辞任 業績不振を理由に

「いきなり!ステーキ」を展開する外食チェーンの「ペッパーフードサービス」は、業績の不振を理由に、一瀬邦夫社長(79)が12日付けで社長を辞任したと発表しました。

会社の発表などによりますと、12日の取締役会で一瀬社長から「近年の業績不振の経営責任を明確にする」として社長辞任の申し出があり、これを受理したということです。

一瀬氏は1985年に会社を創業し、ステーキ専門の飲食チェーン「ペッパーランチ」や、立ったまま手軽にステーキを食べられる「いきなり!ステーキ」を立ち上げました。

一方で、ここ数年は、アメリカ事業で多額の損失を計上し、国内でも急速な出店が裏目に出て収益力が悪化し、新型コロナの感染拡大で業績不振が続いていました。

おととしには、比較的業績が堅調だった「ペッパーランチ」事業を売却し経営の立て直しを目指してきましたが、会社が12日、発表したことし6月までの半年間の決算は8億円余りの最終赤字となり、ことし1年間の業績も最終黒字の予想を下方修正し、2年ぶりの最終赤字となる見通しを公表しました。

後任の社長には一瀬氏の長男の一瀬健作副社長(50)が就任し、宅配事業との連携強化やコストの削減などを通じ、業績の立て直しを進められるか、手腕が問われる形です。