ENEOSホールディングス 杉森会長が突然の辞任 一身上の都合

石油元売り最大手のENEOSホールディングスは、杉森務会長が一身上の都合を理由に12日付けで辞任したと発表しました。杉森会長は石油元売り各社で作る石油連盟の会長を務めていましたがこうした社外の役職もすべて辞任するということです。

会社の発表によりますと12日に行われた取締役会で杉森会長から辞任したいという申し出があり、これを受理したということです。

また子会社、ENEOSの代表取締役も辞任したということです。

辞任は12日付けで、「一身上の都合」によるものだとしていますが、会社は詳しい理由については答えられないとしています。

杉森氏は66歳。

2018年に当時のJXTGホールディングスの社長に就任し、2020年からENEOSホールディングスの会長グループ最高経営責任者を務めていました。

また、財界活動では石油連盟の会長や経団連の審議員会の副議長も務めていましたが、会社によりますと杉森会長はこうした社外の役職についてもすべて辞任するということです。