葉梨法相「活力高める法制度のあり方を念頭に企画立案を」

初入閣した葉梨法務大臣は、12日午後、法務省の大臣室で古川前大臣から業務の引き継ぎを受けました。

このあと葉梨大臣は省内の会議室で職員に対し「国民にとって使い勝手がよく、わが国の活力を高めるような法制度のあり方は何かということを常に念頭に置いて企画立案にあたってほしい」と訓示しました。その上で「法務省所管の法令は、他の省庁と比べて国民すべての生活に関わるものが多く、国民のコンセンサスをどのように形成していくかが法整備の重要なカギになる。このような点に意を用いつつ、スピード感とバランス感覚をもって今後のわが国の骨組みづくりにあたっていかなければならない。ぜひ一緒に頑張っていきましょう」と呼びかけました。