福井 海水浴場でイルカにかまれ2人けが 7月以降被害相次ぐ

11日、福井市の海水浴場で男性2人が相次いでイルカにかまれてけがをしました。
福井市内の海水浴場では7月以降、イルカにかまれる被害が少なくとも6件確認されていて、市はイルカに近づかないよう呼びかけています。

11日午前9時すぎ、福井市の越廼海水浴場で40代の男性が「イルカにかまれた」と警察に届け出ました。

警察によりますと、男性は浜辺から5メートルほど離れた海中を泳いでいたところ、突然、イルカに手の甲や両腕をかまれたと話していて、その後、病院に運ばれましたが、けがの程度は軽いということです。

この海水浴場では午後3時すぎにも泳いでいた10代の男性がイルカにかまれて軽いけがをしたということです。

消防や海上保安部などによりますと、福井市内の海水浴場では7月以降、イルカが海水浴客にかみついてけがをさせる被害が少なくとも6件確認されています。

市は、イルカを見かけても近づかないよう呼びかけています。