ダルビッシュ 日本代表栗山監督訪問に感謝 WBC出場は?

来年3月のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックに向けて日本代表の栗山英樹監督が視察をした翌日の10日、大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手が取材に応じ、WBCについて「栗山監督と一緒にやりたいという気持ちもあるし、すごく魅力的だと思う」と話しました。

栗山監督は9日、ダルビッシュ投手が所属するパドレスの本拠地を訪れて試合を視察したあと、ダルビッシュ投手について「経験した人にしかわからないノウハウや技術などのアドバイスが大きくなるのは間違いない」などと話していました。

翌日の10日、ダルビッシュ投手が報道陣の取材に応じ「わざわざアメリカまで来て、自分のために時間を作ってくれたことがありがたい。光栄なことばばかりかけてもらい、本当に感謝している」と話しました。

そして、WBCについて「前回出場した2009年のときは、自分はプロ野球にいて、ふだんテレビで見ている松坂さんやイチローさんなどメジャーリーガーと一緒にプレーできるのは信じられない気持ちで、すごく楽しかった」と振り返りました。

さらに、WBCの出場について前向きに考えられるか尋ねた質問に対し、家族との時間などを考慮する必要があるとしたうえで「栗山監督と一緒にやりたいという気持ちもあるし、若い有名な選手たちと一緒にプレーできる機会はなかなかない。そういう意味ではすごく魅力的だと思う」と話しました。

WBCは第2回大会に出場

ダルビッシュ投手はWBCには、日本ハム時代の2009年に行われた第2回大会に出場しています。

日本が2連覇を果たしたこの大会では2試合に先発し、初戦の中国戦で4回をノーヒット、無失点に抑えました。

大会の途中からは抑えに回り韓国との決勝では勝ち投手となりました。

その後、大リーグに移籍し2013年の第3回大会や2017年の第4回大会には出場していません。