東京都庁 庁内警備にロボットの運用開始 AI使い自動で巡回

将来的な人手不足に備えようと、東京都は、AI=人工知能を使って自動で巡回する警備ロボットの運用を、11日から都庁で始めました。

都庁で運用が始まったのは、民間企業が開発した警備ロボット3台で、1階と2階のロビーに配備されました。

このロボットは、障害物や人などをAI=人工知能が検知し、ぶつからないようにしながら、決められた複数のルートを自動で走行して巡回します。

備え付けられたカメラで撮影された映像はリアルタイムで警備室に送られ、警備員が随時、確認することになっています。

バッテリーが少なくなった場合は、みずから充電設備に移動して充電を行いますが、この間も、カメラで庁舎内の様子を撮影し続けるということです。

今回の配備はことし11月末までで、都は、警備員との連携などを検証したうえで、将来的な人手不足に備えて本格導入を検討したいとしています。

東京都の庁内管理担当の竹内規雄課長は「警備人材の不足が課題となる中、解決につながる一つの策として導入した。今後はほかの都の施設への導入も検討したい」と話していました。