北海道で震度5弱 津波の心配なし

11日午前0時35分ごろ、北海道で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。

各地の震度は▼震度5弱が中川町でした。

また、震度3が、遠別町、天塩町、豊富町、幌延町、それに音威子府村とでした。

このほか、北海道北部の各地で震度2や1の揺れを観測しました。

気象庁の観測によりますと、震源地は北海道宗谷地方北部で、震源の深さは4キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.2と推定されています。

北海道で震度5弱は2019年12月以来

気象庁によりますと、北海道で震度5弱の揺れを観測したのは、2019年12月に宗谷地方北部を震源とするマグニチュード4.2の地震で豊富町で震度5弱を観測して以来です。

道に被害情報なし

道によりますと午前0時50分現在、地震による被害の情報は入っておらず、引き続き情報収集を進めているということです。

中川町役場の職員「激しい横揺れが10秒弱続いた」

震度5弱の揺れを観測した北海道中川町役場の職員は「町内の自宅にいたが激しい横揺れが10秒弱続いた。物が落ちるような被害はなかった」と話していて、現在、役場で状況を調べています。

泊原発 異常なし

北海道電力によりますと、北海道泊村にある泊原子力発電所では、先ほどの2度の地震で、震度1以上の揺れは観測されておらず、異常は確認されていないということです。