寺田総務相 “10増10減は最善“ 法整備急ぐ考え

衆議院の小選挙区を「10増10減」するとした政府の審議会の区割り見直し案について寺田総務大臣は「最善とみられる案だ」としたうえで、実施に必要な法整備を急ぐ考えを示しました。

衆議院の小選挙区をめぐる、いわゆる1票の格差を是正するため、政府の審議会は小選挙区の「10増10減」などを行うよう政府に勧告しましたが、自民党内からは「地方の声が反映されにくくなる」などと懸念の声が出ています。

これについて寺田総務大臣は初閣議のあと記者団に対し、「とりわけ地方選出の国会議員に不安や懸念など、さまざまな意見があることは承知している」と述べました。

一方で「今回の区割り見直し案は格差を2倍未満とし、地域のまとまりなどにも配慮した、最善とみられる案だ。勧告に基づいて必要な法制上の措置を講じていきたい」と述べ、勧告どおりの実施に必要な法整備を急ぐ考えを示しました。